読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南直哉『なぜこんなに生きにくいのか』新潮文庫、2011年9月

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫) 作者: 南直哉 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/09/28 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (7件) を見る ■内容【個人的評価:★★★★-】 ◇苦しい胸の内を聞いてくれる人がいないことこ…

岩瀬大輔, 飯田泰之, 古市憲寿, 駒崎弘樹, 経沢香保子, 為末大, 田端信太郎, 加藤嘉一『5年後働く自分の姿が見えますか?』角川oneテーマ21、2013年9月

5年後働く自分の姿が見えますか? (角川oneテーマ21) 作者: 岩瀬大輔,飯田泰之,古市憲寿,経沢香保子,田端信太郎,加藤嘉一,為末大,駒崎弘樹 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2013/09/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る ■内容【個人的評…

下地寛也『一発OKが出る資料 簡単につくるコツ: 「説得」「アピール」「プレゼン」「決裁」最強の方法』三笠書房、2017年3月

一発OKが出る資料 簡単につくるコツ: 「説得」「アピール」「プレゼン」「決裁」最強の方法 (単行本) 作者: 下地寛也 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2017/03/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ■内容【個人的評価:★★★★-】 ◇ 最も大事な…

齋藤孝『1分で大切なことを伝える技術』PHP新書、2009年1月

1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書) 作者: 齋藤孝 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2009/01/16 メディア: 新書 購入: 8人 クリック: 33回 この商品を含むブログ (46件) を見る ■内容【個人的評価:★★---】 ◇聞かれたことには端的に答える 問題な…

若松義人『トヨタの上司は現場で何を伝えているのか』PHP新書、2007年3月

トヨタの上司は現場で何を伝えているのか (PHP新書) 作者: 若松義人 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2007/03/16 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (9件) を見る ■内容【個人的評価:★★★--】 ◇ 自分の得意なことだけやっ…

加藤周一『羊の歌:わが回想』岩波新書、1968年8月

羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 689) 作者: 加藤周一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1968/08/20 メディア: 新書 購入: 9人 クリック: 35回 この商品を含むブログ (44件) を見る ■内容【個人的評価:★★★★-】 ◇旧制高校の精神主義 しかしその歌の文句の…

稲垣公夫『マンガでわかる!トヨタ式資料作成術 = The Toyota Way of Documentation』宝島社、2016年7月

マンガでわかる! トヨタ式資料作成術 作者: 稲垣公夫 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/06/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る ■読後感 問題解決及び企画提案に分け、A3一枚による資料の作り方を説明している。 説明しやすさ、わ…

岡本享二『CSR入門:「企業の社会的責任」とは何か』日経文庫、2004年

CSR入門―「企業の社会的責任」とは何か (日経文庫) 作者: 岡本享二 出版社/メーカー: 日本経済新聞社 発売日: 2004/12 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (16件) を見る ■内容【個人的評価:★★---】 ◇CSRとは何か CSR…

KAWADE夢ムック『マリア・カラス = MARIA CALLAS : 伝説から神話になったディーヴァ : 永久保存版』河出書房新社、2014年9月

マリア・カラス: 伝説から神話になったディーヴァ (KAWADE夢ムック 文藝別冊) 作者: 河出書房新社編集部 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2014/09/23 メディア: ムック この商品を含むブログを見る ■内容【個人的評価:★★★--】 ◇カラスの本格的な活…

内田樹『寝ながら学べる構造主義』文春新書、2002年6月

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41XEPVMR1ML._SL160_.jpg" alt="寝ながら学べる構造主義 *2" /> 寝ながら学べる構造主義 *3 作者: 内田樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2002/06/20 メディア: 新書 購入: 43人 クリック: 4…

久住昌之原作、谷口ジロー作画『孤独のグルメ』扶桑社、2008年4月

孤独のグルメ 【新装版】 作者: 久住昌之,谷口ジロー 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2008/04/22 メディア: コミック 購入: 59人 クリック: 1,251回 この商品を含むブログ (445件) を見る ■読後感 ドラマ版の『孤独のグルメ』に親しんでおり、原作を見たい…

東嶋和子『水も過ぎれば毒になる』文春文庫、2015年11月

水も過ぎれば毒になる 新・養生訓 (文春文庫) 作者: 東嶋和子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/11/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る ■内容【個人的評価:★★★--】 ◇ 一日一万歩は根拠がない 芳賀さんは、国が勧める一日一万歩」は根拠…

知的生産研究会『仕事力がグングン伸びる「スーパー」メモ術』PHP文庫、2009年2月

仕事力がグングン伸びる「スーパー」メモ術 (PHP文庫) 作者: 知的生産研究会 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2009/02/03 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る ■内容【個人的評価:★★---】 ◇メモの取り方は、頭が整理さ…

佐々木常夫『上司の心得:決定版』角川新書、2015年12月

決定版 上司の心得 (角川新書) 作者: 佐々木常夫 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/12/10 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る ■内容【個人的評価:★★★★★】 ◇ 仕事には不条理もあるが自分を成長させてくれるもの ビジネスは常に個人…

鈴木大介『脳が壊れた』新潮新書、2016年6月

脳が壊れた (新潮新書) 作者: 鈴木大介 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/06/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る ■内容【個人的評価:★★---】 ◇高次脳機能障害の発症 二〇一五年初夏、四十一歳で右脳に脳梗塞を発症した僕は、身体…

高山なおみ『ロシア日記 : シベリア鉄道に乗って』新潮社、2016年7月

ロシア日記: シベリア鉄道に乗って 作者: 高山なおみ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/07/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る ■読後感 武田百合子さんの『犬が星見た』のオマージュ的な紀行作品。同作品を何度も読み返した著者が…

日経ビジネスassocie『「書く」だけで、成果アップ!思考整理術/必要な情報の「正しい集め方」情報活用法』日経BP社、2017年3月

日経ビジネスアソシエ2017年4月号 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2017/03/10 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る ■内容【個人的評価:★★★--】 ◇思考整理の秘訣は 「思いついたアイデアは単なる『一次情報』であり、そのままでは、それほど意…

中島孝志『仕事が速い人の「手帳・メモ・ノート」超活用術』三笠書房、2014年11月

仕事が速い人の「手帳・メモ・ノート」超活用術: 夢と目標を必ず実現する! (知的生きかた文庫) 作者: 中島孝志 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2014/10/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る ■内容【個人的評価:★★★--】 ◇手帳をフル…

外山滋比古『逆説の生き方』講談社+α文庫、2016年8月

逆説の生き方 (講談社+α文庫) 作者: 外山滋比古 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/09/21 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る ■内容【個人的評価:★★---】 ◇さしさわりのある話はほかの人に話さないこと ある大学で苦労人の老教授が、卒業す…

吉本隆明、糸井重里『悪人正機』新潮文庫、2004年12月

■内容【個人的評価:★★★--】 ◇文芸は、日々のくらしとつながっていなければならない 学校の研究生とか修士課程の学生とかが書く論文なんかもよくあるけど、実は、あんなものいくら書いたって、文芸にも、また文章にもならんのです。文芸っていうのは、もう…

吉本隆明『ひきこもれ』だいわ文庫、2006年12月

■内容【個人的評価:★★★--】 ◇「ひきこもり、いいじゃないか」 「ひきこもり」はよくない。ひきこもっている奴は、何とかして社会に引っ張り出したほうがいい。-そうした考えに、ぼくは到底賛同することができません。 ぼくだったら「ひきこもり、いいじ…

モリエール『人間ぎらい』新潮文庫、1952年3月

人間ぎらい (新潮文庫)作者: モリエール,内藤濯出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1952/03/24メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 21回この商品を含むブログ (42件) を見る■読後感 この喜劇は日本でいうと江戸時代の初期に著されたものだが、たしかに背景や表現…

森茉莉『記憶の絵』ちくま文庫、1992年2月

記憶の絵 (ちくま文庫)作者: 森茉莉出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1992/02メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (16件) を見る■読後感 森茉莉さんというと、森鴎外の長女で、若くして結婚してパリに在住し、その文章が三島由紀夫…

村上陽一郎『近代科学を超えて』講談社学術文庫、1986年11月

近代科学を超えて (講談社学術文庫)作者: 村上陽一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 1986/11/05メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 14回この商品を含むブログ (21件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇科学は手軽な範型の政権交代で救われるとは言えない …

福澤一吉『議論のレッスン』生活人新書、2002年4月

議論のレッスン (生活人新書)作者: 福澤一吉出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2002/04メディア: 新書購入: 16人 クリック: 100回この商品を含むブログ (57件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇本書の目的−「フォーマルな議論」の提案 日本の社会…

加藤周一『読書術』岩波現代文庫、2000年11月

読書術 (岩波現代文庫)作者: 加藤周一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/11/16メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 85回この商品を含むブログ (82件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇「何を読むべきか」は一概に言えないが「どう読むべきか」は言え…

小熊英二『生きて帰ってきた男:ある日本兵の戦争と戦後』岩波新書、2015年6月

生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)作者: 小熊英二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/06/20メディア: 新書この商品を含むブログ (34件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇軍隊への召集と家族との別れ カーキ色の国民服を着た小熊…

近藤麻理恵『イラストでときめく片づけの魔法』サンマーク出版、2015年1月

イラストでときめく片づけの魔法作者: 近藤麻理恵出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2014/12/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇まずは理想の暮らしを考え、そして片づけへ 片づけることを決意したあな…

近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』サンマーク出版、2011年1月

人生がときめく片づけの魔法作者: 近藤麻理恵出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2012/07/01メディア: Kindle版購入: 5人 クリック: 5回この商品を含むブログを見る■内容【個人的評価:★★★★★】 ◇片づけが終わると人生全般がうまくいきはじめる 私の教え…

ルイ・アルチュセール、エチエンヌ・バリバール『資本論を読む』合同出版、1974年5月

資本論を読む作者: ルイ・アルチュセール,エチエンヌ・バリバール,権寧出版社/メーカー: 合同出版発売日: 1982/06メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★−−−−】 ◇マルクスの第二の読み方とは こうしたものが…

橋本治『負けない力』大和書房、2015年7月

負けない力作者: 橋本治出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2015/07/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (9件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇夏目漱石が考えた「教養を身につけた人間」の愚かさ 夏目漱石は「教養を身につけた人間…

渡辺京二『気になる人』晶文社、2015年5月

気になる人作者: 渡辺京二出版社/メーカー: 晶文社発売日: 2015/05/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る■内容【個人的評価:★−−−−】 ◇自分を見つめ、したいことを見極める−世間の評価から離れる− (渡辺)要するに、自分を見つめ…

カール・ポラニー『大転換:市場社会の形成と崩壊』東洋経済新報社、1975年4月

大転換―市場社会の形成と崩壊作者: カール・ポラニー,吉沢英成出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 1975/04メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (12件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇自己調整的市場 自己調整的市場という考えはま…

橋本智子、谷本惠美、矢田りつ子『Q&Aモラル・ハラスメント』明石書店、2007年12月

Q&A モラル・ハラスメント作者: 橋本智子,谷本惠美,矢田りつ子,熊谷早智子,水野紀子出版社/メーカー: 明石書店発売日: 2007/11/30メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 23回この商品を含むブログ (4件) を見る■内容【個人的評価:★★−−−】 ◇モラハラとは 近頃…

香西泰『高度成長の時代:現代日本経済史ノート』日本評論社、1981年4月

高度成長の時代―現代日本経済史ノート (日経ビジネス人文庫)作者: 香西泰出版社/メーカー: 日本経済新聞社発売日: 2001/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★★★★★】 ◇高度成長期の高い投資を実現した高い貯蓄率 高い投資…

K.ポランニー『人間の経済2(交易・貨幣および市場の出現)』岩波現代選書、1980年7月

人間の経済 2 交易・貨幣および市場の出現 (岩波現代選書)作者: カール・ポランニー,玉野井芳郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1980/07メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る■内容【個人的評価:★★−−−】 ◇市場及び全体計画はギリシアに生ま…

K.ポランニー『人間の経済1(市場社会の虚構性)』岩波現代選書、1980年6月

人間の経済 1 (岩波現代選書)作者: カール・ポランニー,玉野井芳郎,栗本慎一郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1980/06メディア: 単行本この商品を含むブログを見る■内容【個人的評価:★★−−−】 ◇人間の生活について、市場により説明できる部分は限定されて…

ジェーン・ジェイコブズ『都市の経済学:発展と衰退のダイナミクス』TBSブリタニカ、1986年9月

都市の経済学―発展と衰退のダイナミクス作者: ジェーンジェイコブズ,中村達也,谷口文子出版社/メーカー: TBSブリタニカ発売日: 1986/10メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇これまでのマクロ経済学…

山中伸弥、緑慎也『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』講談社、2012年10月

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた作者: 山中伸弥,緑慎也出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 44人 クリック: 6,843回この商品を含むブログ (48件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇iPS細胞…

齊藤勇『面白いほどよくわかる!「女」がわかる心理学』西東社、2014年3月

面白いほどよくわかる! 「女」がわかる心理学作者: 齊藤勇出版社/メーカー: 西東社発売日: 2013/12/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇心の病気は心理療法で癒す 仕事や人間関係、家族関係など、現…

ジェニファー・L・スコット『フランス人は10着しか服を持たない』大和書房、2014年10月

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~作者: ジェニファー・L・スコット,神崎朗子出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2014/10/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (25件) を見る■内容【個人的評価:★…

養老孟司、吉田直哉『目から脳に抜ける話』筑摩書房、1994年1月

対談 目から脳に抜ける話 (ちくま文庫)作者: 養老孟司,吉田直哉出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2000/12メディア: 文庫購入: 2人 この商品を含むブログ (3件) を見る■内容【個人的評価:★−−−−】 ◇視覚的、聴覚的 (養老)いわゆる論理というのは、実は聴覚…

出口治明『本の「使い方」』角川oneテーマ21、2014年9月

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)作者: 出口治明出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2014/09/12メディア: Kindle版この商品を含むブログ (3件) を見る■内容【個人的評価:★★−−−】 ◇教養とは何か 教養はたくさん身に付ける…

養老孟司『「自分」の壁』新潮新書、2014年6月

「自分」の壁 (新潮新書)作者: 養老孟司出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/06/13メディア: 新書この商品を含むブログ (16件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇自分、自分というけれど 生物学的に見ても「自分」などというものは、地図の中の矢印に過ぎ…

レノア・E・ウォーカー『バタードウーマン:虐待される妻たち』金剛出版、1997年1月

バタードウーマン―虐待される妻たち作者: レノア・E.ウォーカー,Lenore E. Walker,斎藤学,穂積由利子出版社/メーカー: 金剛出版発売日: 1997/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇「バタードウーマン」の定義 …

渡辺京二『逝きし世の面影』平凡社ライブラリー、2005年9月

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)作者: 渡辺京二出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2005/09メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 24人 クリック: 335回この商品を含むブログ (180件) を見る■内容【個人的評価:★★★★★】 ◇近世日本社会は独立した文明であ…

水村美苗『日本語が亡びるとき』筑摩書房、2008年10月

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で作者: 水村美苗出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/11/05メディア: 単行本購入: 169人 クリック: 12,657回この商品を含むブログ (463件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇言葉の序列 言葉には力の序列がある。一…

豊田正義『DV−殴らずにはいられない男たち』光文社新書、2001年10月

DV(ドメスティック・バイオレンス)――殴らずにはいられない男たち (光文社新書)作者: 豊田正義出版社/メーカー: 光文社発売日: 2014/07/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇DV−二度としないと誓っても繰り返さ…

宇沢弘文『経済と人間の旅』日本経済新聞社、2014年11月

経済と人間の旅作者: 宇沢弘文出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2014/11/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇経済学がもたらしてきた結果とは−「人間」を立脚点に据えたきっかけ− 道といえば自動車…

エレン・ペンス、マイケル・ペイマー『暴力男性の教育プログラム』誠信書房、2004年3月

暴力男性の教育プログラム―ドゥルース・モデル作者: エレンペンス,マイケルペイマー,Ellen Pence,Michael Paymar,波田あい子,堀田碧,寺沢恵美子出版社/メーカー: 誠信書房発売日: 2004/04メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る■…