読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東嶋和子『水も過ぎれば毒になる』文春文庫、2015年11月

水も過ぎれば毒になる 新・養生訓 (文春文庫) 作者: 東嶋和子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/11/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る ■内容【個人的評価:★★★--】 ◇ 一日一万歩は根拠がない 芳賀さんは、国が勧める一日一万歩」は根拠…

村上陽一郎『近代科学を超えて』講談社学術文庫、1986年11月

近代科学を超えて (講談社学術文庫)作者: 村上陽一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 1986/11/05メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 14回この商品を含むブログ (21件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇科学は手軽な範型の政権交代で救われるとは言えない …

山中伸弥、緑慎也『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』講談社、2012年10月

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた作者: 山中伸弥,緑慎也出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 44人 クリック: 6,843回この商品を含むブログ (48件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ◇iPS細胞…

養老孟司、吉田直哉『目から脳に抜ける話』筑摩書房、1994年1月

対談 目から脳に抜ける話 (ちくま文庫)作者: 養老孟司,吉田直哉出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2000/12メディア: 文庫購入: 2人 この商品を含むブログ (3件) を見る■内容【個人的評価:★−−−−】 ◇視覚的、聴覚的 (養老)いわゆる論理というのは、実は聴覚…

山口仲美『大学教授がガンになってわかったこと』幻冬舎新書、2014年3月

大学教授がガンになってわかったこと (幻冬舎新書)作者: 山口仲美出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/03/28メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇いろいろな情報があっても最終的には自分で病院を選ぶこと 職場の…

佐々木三男『眠る技術』リュウ・ブックスアステ新書、2003年6月

眠る技術―疲れ・ストレスから解放されるための (リュウ・ブックス―アステ新書)作者: 佐々木三男出版社/メーカー: 経済界発売日: 2003/06メディア: 新書この商品を含むブログを見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇神経性不眠とは 齋藤茂太氏の「あまり睡眠時聞…

小林弘幸(2014)『自律神経を変える「たった1ミリ」の極意』ポプラ新書

(029)自律神経を変える「たった1ミリ」の極意 (ポプラ新書)作者: 小林弘幸出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2014/04/07メディア: 新書この商品を含むブログを見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇「超一流の人」の行動スタイルと意識 超一流の人は、一見、ムダ…

岩井寛(1985)『森田療法』講談社現代新書

森田療法 (講談社現代新書)作者: 岩井寛出版社/メーカー: 講談社発売日: 1986/08/19メディア: 新書購入: 18人 クリック: 104回この商品を含むブログ (40件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇神経症者における理想と現実の葛藤 神経質(症)者は、理想が高…

西多昌規(2012)『「テンパらない」技術』PHP文庫

「テンパらない」技術 (PHP文庫)作者: 西多昌規出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/06/04メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 12回この商品を含むブログ (8件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ◇苦境に陥ったら「15分」だけしのぐことを考える 「15分…

小林秀雄、岡潔『人間の建設』新潮社文庫、2010年3月

人間の建設 (新潮文庫)作者: 小林秀雄,岡潔出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/02/26メディア: 文庫購入: 11人 クリック: 88回この商品を含むブログ (62件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ですから数学をどうするかなどと考えることよりも、人の本質は…

福岡伸一『生物と無生物のあいだ』講談社現代新書、2007年5月

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)作者: 福岡伸一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/05/18メディア: 新書購入: 56人 クリック: 1,487回この商品を含むブログ (1111件) を見る■内容【個人的評価:★★★★★】 ○プロローグ 生命とは何か。それは自己複製を…

松村賢治『旧暦と暮らす』ビジネス社、2002年11月

旧暦と暮らす―スローライフの知恵ごよみ作者: 松村賢治出版社/メーカー: ビジネス社発売日: 2002/11メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 21回この商品を含むブログ (13件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 棚田の水面に映った半月をみて、広島のおばあち…

近藤誠『それでもがん検診うけますか』ネスコ、1994年11月

それでもがん検診うけますか―専門医が教える本当の話作者: 近藤誠出版社/メーカー: NESCO発売日: 1994/10メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○第一章「がん検診・百害あって一利なし」 検診を受け…

栗本慎一郎『パンツをはいたサル』光文社、1981年4月

パンツをはいたサル―人間は、どういう生物か (カッパ・サイエンス)作者: 栗本慎一郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 1981/04メディア: 新書購入: 6人 クリック: 120回この商品を含むブログ (17件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○1「人間は知恵ある生物…

松田卓也『これからの宇宙論』講談社ブルーバックス、1983年8月

これからの宇宙論―宇宙・ブラックホール・知性 (ブルーバックス (B‐542))作者: 松田卓也出版社/メーカー: 講談社発売日: 1983/08メディア: 新書 クリック: 1回この商品を含むブログ (5件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○第一章「現代宇宙論へのいざない…

リチャード・モリス『宇宙の運命』講談社ブルーバックス、1982年10月

宇宙の運命―新しい宇宙論 (ブルーバックス (B‐516))作者: リチャード・モリス,湯浅学出版社/メーカー: 講談社発売日: 1982/10メディア: 新書 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○第一章「宇宙は開いているか、閉じ…

米本昌平『バイオエシックス』講談社現代新書、1985年1月

バイオエシックス (講談社現代新書 (759))作者: 米本昌平出版社/メーカー: 講談社発売日: 1985/01メディア: 新書この商品を含むブログ (3件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○プロローグ 1980年代に入り、遺伝子組み換えとか臓器移植などの技術が進歩しつ…

R.P.ファインマン『科学は不確かだ!』岩波書店、1998年9月

科学は不確かだ!作者: R・P・ファインマン,大貫昌子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1998/09/10メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (3件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ○1「科学の不確かさ」 この講演では、科学が他の分野に及ぼす…

モートン.D.デービス『ゲームの理論入門』講談社ブルーバックス、1973年9月

ゲームの理論入門―チェスから核戦略まで (1973年) (ブルーバックス)作者: モートン・D.デービス,桐谷維,森克美出版社/メーカー: 講談社発売日: 1973メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ゲームの理論は、当初経済問…

宮本忠雄『現代の異常と正常』平凡社選書、1972年1月

現代の異常と正常―精神医学的人間学のために (1972年)作者: 宮本忠雄出版社/メーカー: 平凡社発売日: 1972メディア: ? クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○1「医学的人間学の視点」 精神薄弱については、IQ70と…

別冊宝島『精神病を知る本』宝島社、1986年6月

精神病を知別宝53号 (別冊宝島 53)作者: 別冊宝島編集部出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2004/02メディア: ムック クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★★−−−】 ○第一部「精神分裂病とは何か?」 ミシェル・フーコーによれば…

茂木健一郎『脳と創造性』PHP研究所、2005年4月

脳と創造性 「この私」というクオリアへ作者: 茂木健一郎出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2005/03/19メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 36回この商品を含むブログ (54件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○はじめに 創造性ということについて、すば…

茂木健一郎『脳と仮想』新潮社、2004年9月

脳と仮想作者: 茂木健一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/09/22メディア: 単行本 クリック: 18回この商品を含むブログ (116件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 ○序章「サンタクロースは存在するか」 羽田空港で女の子が「サンタクロースがいるかど…

豊田秀樹・前田忠彦・柳井晴夫『原因をさぐる統計学−共分散構造分析入門』講談社、1992年7月

原因をさぐる統計学―共分散構造分析入門 (ブルーバックス)作者: 豊田秀樹,前田忠彦,柳井晴夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 1992/07/15メディア: 新書購入: 6人 クリック: 30回この商品を含むブログ (17件) を見る■内容【個人的評価:★★−−−】 われわれは新…

宗像恒次『エイズの常識』講談社現代新書、1993年1月

エイズの常識 (講談社現代新書)作者: 宗像恒次出版社/メーカー: 講談社発売日: 1993/01メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 エイズは空港などの水際で食い止めることは不可能である。人々の知識向上やセーファーセッ…

成相秀一・細谷暁夫『宇宙の起源』講談社、1983年1月

宇宙の起源―宇宙と物質はいかにして生まれたか (ブルーバックス (B‐538))作者: 成相秀一,細谷暁夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 1983/07メディア: 新書 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○第一章「火の玉宇宙論…

粥川準二『クローン人間』光文社新書、2003年1月

クローン人間 (光文社新書)作者: 粥川準二出版社/メーカー: 光文社発売日: 2003/01メディア: 新書購入: 1人 クリック: 88回この商品を含むブログ (15件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○第一章「誰のためのクローン人間か?」 2002年4月、イタリア人の産…

読売新聞医療情報部『数字でみるニッポンの医療』講談社現代新書、2008年11月

数字でみるニッポンの医療 (講談社現代新書)作者: 読売新聞医療情報部出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/11/19メディア: 新書購入: 5人 クリック: 107回この商品を含むブログ (12件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 どの病院の、どの医師が優れている…

井尻正二『化石』岩波新書、1968年3月

化石 (1968年)(岩波新書)作者: 井尻正二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1968/03/20メディア: ? クリック: 1回この商品を含むブログ (3件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 ○1「化石の世界」 化石という言葉の正しい内容は、「大むかしの生物が残してい…

岩井寛『森田療法』講談社現代新書、1986年8月

森田療法 (講談社現代新書)作者: 岩井寛出版社/メーカー: 講談社発売日: 1986/08/19メディア: 新書購入: 18人 クリック: 104回この商品を含むブログ (40件) を見る■内容【個人的評価:★★★−−】 もともと森田療法は、心の不安を内なる異物として除去しようとせ…

伊藤明夫『細胞のはたらきがわかる本』岩波ジュニア新書、2007年9月

細胞のはたらきがわかる本 (岩波ジュニア新書)作者: 伊藤明夫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/09/20メディア: 新書 クリック: 5回この商品を含むブログ (5件) を見る■内容【個人的評価:★★★★−】 生命の定義は、 1.外界との区別する境界をもっている…

竹中文良『がんの常識』講談社現代新書、1997年5月

がんの常識 (講談社現代新書)作者: 竹中文良出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/05メディア: 新書 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る■内容【個人的評価:★★★★★】 がんになって何が変わったか?世の中が広くなったような気がするのと、がん患…

築山節『フリーズする脳』生活人新書、2005年11月

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)作者: 築山節出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2005/11メディア: 新書購入: 36人 クリック: 158回この商品を含むブログ (128件) を見る■読むきっかけ 問題意識として、自分の記憶力の水準の…